司法書士に依頼すれば簡単で確実

夫婦と男性

相続放棄をするというケースはしばしば見られますが、どのような手続きをしたら良いのかで悩んでしまうことになりがちです。通常は遺言書あるいは法定相続の方式にしたがって遺産分割協議がおこなわれて全ての遺産について相続が決まるでしょう。しかし、それに従わずにある不動産を相続することを放棄してしまうことが可能なのです。そのためには法的な手続きが必要になるため、どんな書類を準備しなければならないか、手続きをどうやってやれば良いかを調べなければなりません。その苦労をするくらいなら相続してしまおうと考えてしまう人もいます。しかし、司法書士に依頼すれば特に予備知識がなかったとしても簡単に遺産放棄をすることが可能です。プロなのでミスをしてしまうリスクもほとんどないので安心できるでしょう。また、相続が発生したときに司法書士に遺産相続などの相談をすることが多いため、その流れで相続放棄について話を切り出しやすいという点でも注目されています。

依頼費用の相場を知っておこう

遺言書

相続放棄をするための手続きを司法書士に依頼すると費用がかかります。一般的には相続放棄をすべきかどうかについて相談をするだけであれば費用はかからず、実際に手続きを進めてもらうと支払いが生じるという仕組みになっています。相場としては2万円から3万円程度で、着手金は0円で手続き完了後に支払うというのが一般的です。格安で請け負っている司法書士の場合には1万円を下回っていることもあるので利用しやすいサービスと言えるでしょう。ただ、相続放棄の代行手数料の他にも費用が発生することもあるので注意しましょう。戸籍の取得を依頼することが必要な場合には、取得にかかる実費に加えて数千円程度の手数料がかかる場合が多くなっています。また、郵送費も実費負担というのが一般的で、合わせると1万円から2万円になるというのがよくあるパターンです。このように標準料金からかなり増えてしまうのが気にかかる人の場合には完全定額で明朗会計になっている司法書士を利用すると良いでしょう。4万円から6万円くらいで定額になっていて、相続放棄するものがたくさんあるときでも追加料金がかかりません。安心して利用できるという点では優れている方法ですが、個別に費用が決まる仕組みになっているほうが安上がりな場合もあります。両方の司法事務所から見積もりを取って比較するとより費用対効果を高められるでしょう。

広告募集中